楽天カードのメリット・デメリット

楽天カードのデメリット@|ポイント交換先が楽天以外にほとんどない

 

 

楽天カードのデメリットの1つとして

 

「貯まったポイントが楽天の各種サービス以外ではほとんど使えない」

 

というのがあります。

 

 

ただ、全く楽天以外のサービスにポイントが使えないかと
言うとそうでもなくて、ANAのマイルなら交換することができます。

 

 

こちらが実際のポイント交換の画面

 

  ↓↓↓

 

 

ここで注意したいのが

 

 「楽天の2ポイント ⇒ 1マイル」

 

という交換レートです!

 

楽天の1ポイントが1円分の価値なので
この場合、1マイルが2円以上の価値がないと
ANAのマイルに交換しても価値が下がるということです。

 

 

では1マイルはどれくらいの価値があるのか?

 

 

こちらのサイトを参考にさせて頂きました。
こちらによれば、1マイルの価値は次のようになっています。

 

マイル交換先

1マイル価値

他のポイント制度やクーポン

1円

国内線の特典航空券

1.5〜5.7円

国際線の特典航空券

2.15〜15.6円

 

 

表からわかることは

 

 ・国際線の航空券なら1マイル2円以上なので得をする計算となる。

 

 

 ・国内線の航空券では1マイルが1.5〜5.7円と場合によっては損をする計算となる。

 

 

 ・他のポイント制度やクーポンに交換する場合は

 

  楽天の2ポイント ⇒ ANAの1マイル ⇒ 1円

 

  と価値が1/2となり損をする計算となる。

 

 

ちなみに他のポイント制度やクーポンには

 

 ・Tポイント
 ・Suica
 ・ヤマダポイント

 

などがあります。
これらに交換しても、楽天ポイントの半分の価値となるのでオススメしません。

 

 

 

ということでまとめますと

 

 

航空機を利用する方
⇒場合にもよるが楽天ポイントを
ANAマイルに交換した方がお得。

 

航空機を利用しない方
⇒楽天ポイントはそのまま
楽天のサービスで利用した方が良い。

 

 

「楽天のサービス以外ほとんど使えないんだ…」

 

とがっかりされた方もいるかもしれませんが、
それでも楽天のサービスは安いので個人的には気に入っています(^^)v

 

なのでがっかりせず、一度楽天のサービスを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

ちなみに「楽天ポイントを現金にする方法」というのも紹介していますので、
良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

「楽天カードのデメリットA…ETCカードが有料」へ

 

 

TOPページに戻る

 

 

【楽天カード公式】